【家庭菜園にプラスレシピ】ラム酒風味のレッドカラントジャム

ラム酒風味のレッドカラントジャム家庭菜園にプラス

家庭菜園で採れた大量の赤すぐりの活用法

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

先日両親が作っている家庭菜園で、赤すぐりが大量に取れました。

500g以上あるので、通常では使い切れない!ということで、ジャムにすることに決定。

赤すぐりは、レッドカラントとの別名もありますが、ジャムにすると、500gの大容量もあっという間に消費出来ます。

ということで、今回は家庭菜園にプラスレシピと言うことで、ラム酒風味のレッドカラントジャムの作り方をご紹介します!

第1弾!ラム酒風味のレッドカラントジャム

それでは、【家庭菜園にプラスレシピ】シリーズ第1弾は、赤すぐりを大量に使った、ラム酒風味のレッドカラントジャムを作っていこうと思います!

以下、画像手順付きレシピなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。^^

材料:500g分

●赤すぐり…500gほど
●上白糖…200g(実の40%くらい)
●レモン汁…大1
●ラム酒…大1

作り方


1:赤すぐりは、枝や葉っぱなどを取り除き、一旦きれいな水で洗います。

小鍋にいっぱい取れたので、かなりのボリュームがあります。
この500gの赤すぐりをこれから、ジャムにしていきましょう!

2:鍋に赤すぐりと上白糖、レモン汁を加えて、全体をしっかり目に混ぜましょう。

レモン汁は酸味も加わりますが、赤い色がキレイに出るので、できれば入れてください。
赤すぐりは酸味が強いので、砂糖の量は多めです!

3:混ぜながら弱火にかけ、砂糖が見えなくなったら、ラム酒を加えてさらに加熱します。

すぐに砂糖が溶けるので、ラム酒はこの段階で入れてアルコール分を飛ばしておきます。

4:沸騰するまで、蓋をして数分弱火で加熱しましょう。すぐに沸騰するので、焦がさないためにも近くで待機してください。

5:沸騰したら、蓋を取り、アクを取り除き、時折混ぜながら、20分ほど加熱します。
6:軽くとろみがつけばOK。
(焦げないように弱火で混ぜながら加熱します。)

20分ほど煮込むと、とろみがついてくるので、割と早く作れますが、焦がすと台無しになるので、こちらも側で見守ってくださいね。
赤すぐり大量消費!ラム酒風味のレッドカラントジャム
7:完成です。そのまま食べても美味しいですが、我が家では同時に作ったバターケーキにつけて食べたりもしました。
甘酸っぱさが癖になる味だと思います!

とこんな感じで作ってみました。

赤すぐりは大量に取れた場合、200g以上になるともうジャムでしか消費しきれない量です。

もし使い道に迷ったら、ジャムにして保存するか、しっかりと水洗いしてから水切りをして、冷凍庫でも保存ができます。

癖になる甘酸っぱさなので、ラズベリージャムとかお好きな方にはおすすめです。

ラム酒はお好みでどうぞ。

記事が参考になりましたら、うれしいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました