【セコマ検証】今日はセイコーマートのカツ丼の日!実食レビュー

食事・スイーツ系

セイコーマートのカツ丼の日がねらい目!

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

セイコーマートと言えば、コンビニ限界の町にもあるという北海道でも①②を争うコンビニの一つですが、中でもホットシェフがあるコンビニは普通のセコマとは違った感じがします。

多くのコンビニでは、お弁当を購入時にレンジで温めてもらいますが、セコマのホットシェフでは、温めた状態でカツ丼などのお弁当が売っており、またこれが美味しい!

今日(2020年8月21日)は、ホットシェフがあるセコマ限定のカツ丼の日。

そこで、片道30分かけてカツ丼を買ってきました。
カツ丼の日は、カツ丼が安くなる?いえ、違います。
カツ丼を一個買うと、無料のお茶などのペットボトル飲料がもらえる日なんですね。

ということで、今回セコマのカツ丼を久しぶりに買ったので、その実食レビューをご紹介します!

セコマならカツ丼でしょう!

まずは、セットの全体写真をパチリ。

今回は、540円(税込み)のカツ丼に、600ccの生茶がついてきました。
生茶だけで100円以上するので、付いてきたら、カツ丼が100円引きとも言えます。
そして、カツ丼にはお茶という組み合わせが素晴らしい…!

カツ丼をアップで撮ってみると、HOT CHEFの文字が…
ここでは、カロリーがわかるんですが、1個あたり957kcal!
一日の半分のカロリーは、これ一つでOK。
カツ丼は高カロリーを実証しています。

そして、具が別盛りとありますが、これは下記で意味がわかります。

気になる原材料とカロリー

気になる原材料ですが、蓋には書いてないので、どこにあるかと探してみたら…
ありました!
容器の底の裏に、原材料名を発見。

かなり大雑把な表示ですが、文字でもご紹介しますと…

原材料名:ご飯(国産米)、とんかつ、たれ(だしじる、しょうゆ、砂糖、本みりん)、鶏卵、玉ねぎ、食用なたね油、ねぎ…などとあります。

アレルギー表示として「一部に小麦、卵、乳成分、さば、大豆、鶏肉、豚肉を含む」とありますので、アレルギーの方はチェックしてみてください。
ちなみに、ホットシェフのお弁当は、電子レンジ非対応です。
こんなに大事なこと、容器の裏でも大丈夫なの?と思いました。(-_-;)

蓋を開けてみると、別盛とありましたが、中にもう一枚蓋というか容器があり、その上にカツ丼の具が乗っています。

これをご飯の上にスライドして、カツ丼の出来上がりというわけです。

まずは、カツ丼と言えば、カツの厚さが気になるもの。
ちょっと拡大して写真を撮ってみました。

おお!割とカツが厚いですね!

ロースかつなのかな?
これが6~7枚ほど乗っているので、高カロリーなのにも納得。

味も悪くないです。
ちゃんとご飯も柔らかいですし、カツの厚みもGOOD!
タレも辛すぎず甘すぎず、絶妙の味付け。

別盛だからこそ、食べる直前まで、ご飯がべちゃっとならないように工夫がされてます。

ただ…
食べすすめていくうちに、少量のネギが邪魔に感じました。

ネギが生なのと、多少固いので、甘辛い味付けのカツ丼には合わないかな?と。
アクセントを出すためだと思いましたが、個人的には邪魔に感じました。

ともあれ、美味しかったので数分で完食!

ごっつあんでした!
カツ丼が大好きなので、スーパーでも良く買いますが、こちらは温かい分ほっともっとなどのお弁当屋さんに近い味わいでした。

何よりセコマは北海道ブランド?なのか、量が半端ない!
食べたら、カロリーはもちろんのこと、お腹いっぱいになりました。

これで540円(税込み)は良いですね。

全体的には買って損はないという感じです。

ただ、セコマのカツ丼の日がいつになるかは、ちょっと調べてはみたんですが不明です。
セコマはコンビニの中でも珍しく、新聞の折り込みチラシが入るので、その度にチェックするしかなさそうですね。(-_-;)

今回は生茶でしたが、たまに特保のお茶がつくこともあるので、ぜひセコマが近くにある場合は、折り込みチラシなどもチェックしてみてください。
ちなみに、ECナビというポイントサイトでも、新聞がなくてもチラシはチェックできます。

もし通販でカツ丼を買うなら、TBS公認のこちらのカツ丼もおすすめです!


それでは、セコマのホットシェフ限定カツ丼の実食レビューでした。
記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました