レジ袋有料化でもレジ袋の消費が増えている?マイバッグを買うか買わないかの問題の回答は?

生活・マナー

レジ袋有料化の意味はある?

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。レジ袋が有料化してから、日にちは経ちましたが、実はレジ袋を購入する人が増えているという、真逆の効果が表れているみたいですね。

私はレジ袋有料化の前から、マイバッグを持ち歩いてますが、確かにレジ袋派の方の気持ちもわかります。
特に仕事でお昼を買いに行った時に、マイバッグを持ち歩くのは男性には恥ずかしいでしょうし…

レジ袋をゴミ袋の代わりに使う方も多く、有料化してから消費が増えるなんて、本末転倒な気もしますよね?

今回は、なぜマイバッグを使わないのか?など理由をご紹介します。

レジ袋有料化でレジ袋消費が増えた?

レジ袋が有料化になったこともあり、政府としてはレジ袋の消費が減り、ゴミ問題も解消となると思っていたのでは?と思いますが、実際の所は、通販などで別途ゴミ袋を買う方も増えている状態です。

私の住んでいる田舎でもマイバッグを使っているのは、主婦か年配の男性か女性で、若い人は持っているのを見たことがありません。

多分こちらは地域性の問題で、またその人の生活スタイルも影響していると思われます。

例えば、以下のような人は…

  • 意識が高い人、もしくは金銭感覚にシビアな男女
    環境に配慮しながら、マイバッグを持ち歩き、レジ袋は極力断る。
  • 潔癖症の男女
    マイバッグを洗えば良いのに、不潔だと決めつけレジ袋に頼る。
  • 1人暮らしの男性
    環境やレジ袋の代金には気を使わず、まず便利なレジ袋を使う。
このように、レジ袋が有料化したとしても、生活スタイルが変わらない限りは、レジ袋を買うか買わないかは余り問題にならないんですね。

私は毎回マイバッグを利用していますが、1つのマイバッグでは足りないことも多く、大きめのマイバッグに更にマイバッグを入れて、買い物の際に二つ同時に使います。

ただ、マイバッグでは入りきらない時やバッグを忘れた時は、やはりレジ袋を利用するしかありません。
レジ袋は、ゴミ袋の中に入れる袋にも使えますが、やっぱりレジ袋自体の需要は減らないのでは?という気もします。

コロナの影響もある?

コロナの影響で、マイバッグの不潔さを気にする人も増えました。
ただ、マイバッグが不潔という理由でレジ袋を利用する人の多くは、マイバッグを洗濯しないで使っている方も多いようです。

確かに、コロナの影響もあるので、衛生面で考えればそちらの方が良いのかもしれません。
また、ゴミ袋が高いこともあり、レジ袋をゴミ袋に再利用した方が安い場合も多々あるので、金銭面でもレジ袋の量は減っていないんですね。

マイバッグをわざわざ洗濯しないといけない煩わしさもありますし、マイバッグの選び方に失敗すると、高いだけで使いづらいバッグになるなんてことも。

ちなみに、私の場合は肩からすぐに紐がずり落ちるので、斜め掛けできるマイバッグを使っています。

こちらなんですが、割と大き目で斜め掛けできるので便利です。
ただ、内ポケットが一つしかないので、財布を入れるにも不便な点はあります。

マイバッグの不衛生さを考えると、コロナの間はますますレジ袋利用は増えていくでしょう。

若い人ほど抵抗感が少ないレジ袋

レジ袋の利用については、若い人ほど抵抗感が少ないと言われています。
レジ袋の利用が有料化したことで「今まで無料だったのに!」と怒る人もいれば「マイバッグを持ち歩くのは面倒だから、3円や5円くらいなら全くきにならない」と言う人も。

「第42回Ponta消費意識調査」の統計によれば、若い人ほどマイバッグを利用せずに、有料のレジ袋を利用していることが明らかになりました。

普段マイバッグを利用している人の中にも、レジ袋を利用する場面は多く、例えば「マイバッグを忘れてしまった(27.%)」「買ったものがマイバッグに収まらなかった(8.6%)」「ゴミ袋の代わりが欲しい時(5.5%)」など、たまに利用する方も多いです。

お年寄りの中には「もったいない」という気持ちから、マイバッグを利用する人が多いですが、若い人はこれくらいの出費ならと、面倒くさくないレジ袋を利用する人もこれまた多いんですね。

レジ袋は金銭的にどうなの?

レジ袋が1枚5円は高い!と感じる方も多いですが、一回当たりではなく、年に買う回数で考えると、意外と経済的であることもわかります。

例えば、週に3回買い物をするとすれば、月に12回の買い物になりますよね?
その場合、レジ袋の値段を計算すると、一カ月当たりの金額は5円×12枚=60円となり、割と安いこともわかります。

年単位でも考えてみると、60×12月ですから、こちらも720円しか出費がないんです。

レジ袋のどうのこうの以前に、毎回の買い物でいらないものを買ってしまったりする方が、よっぽど家計には打撃になるんですね。

最近の若い人は特に、レジ袋自体を通販で買う方も多いです。
レジ袋を通販で買っておけば、マイバッグの洗濯からも解放されますし、マイバッグ以外の小さなバッグに折りたたんで、レジ袋を入れるなどもできます。

他にもゴミ袋の内袋にも使えますし、生ごみを入れるのにも便利ですよね?
なので、金銭的に考えるとレジ袋は意外と有能なんです。

持ち歩く手間を考えると、やっぱりマイバッグは不便なこともあるので、一概にレジ袋はもったいないとは言えないでしょうね。

レジ袋の利用は増える予想?

それでは、レジ袋の有料化によって、逆にレジ袋の利用が増えているとの状況をご紹介してみました。

マイバッグは特に男性は、ちょっと気恥ずかしいものですよね?
レジ袋が有料になっても、それでも年間で考えれば、高いマイバッグを買って、洗濯をしてなど、面倒さも考えれば、レジ袋派の方の意見もわかる気がします。

でも、わざわざレジ袋を通販で買うのは、やはり本末転倒な気がします。
私は誰が何と言おうと、マイバッグを使い続けたいと思います。

レジ袋を買ったからと言って、それが悪いわけではありません。
ただ、せっかくですから、出来るだけレジ袋の購入は控えるようにしてくださいね。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました