【実際に作ってみた】ベイクオフ参照!ポールさんのホットクロスバンズ

ベイクオフ参照!ポールさんのホットクロスバンズベイクオフ検証

時間はかかるけどすごく美味しい菓子パンに…

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

ベイクオフのマスタークラスなどでは、レシピをわかりやすく解説してくれますが、とくにポールさんのパンのレシピは、ついつい作りたくなります。

先日は、ホットクロスバンズがすごく美味しそうだったのと、割と簡単にできそうかな?と思い、実際に作ってみた所、食べ応えがあって美味しいと大好評!

食事のパンとしては重たすぎるなどの意見もあったのですが、時間がかかるだけで、そこまで大変なレシピではなかったので、今回ご紹介しようと思います。

ということで、今回は「ポールさんのホットクロスバンズ」ということで、参考にしつつ、オリジナル要素も加えてレシピをご紹介していきます!

ポールさんのホットクロスバンズのレシピ

それでは、以下に画像手順付きで、ポールさんのホットクロスバンズの作り方をご紹介しますね。

それでは、Let’s Cooking!

材料:12個分

●強力粉…500g
●ドライイースト…7g
●塩…小1/2
●有塩マーガリン…50g
●上白糖…75g
●卵…1個
●温めた牛乳(35度くらい)…300ccほど
●ドライレーズン…150g
●オレンジの皮のすりおろし…2個分
●オレンジピール…80g
●シナモンパウダー…小2
●りんご(M)…1個
●薄力粉…75g
●水…大3~4
●アプリコットジャム…大2~3
●お湯…大1

作り方


1:オレンジの皮は、皮をお湯であらってから、水分を拭き取り、すりおろしておきます。

海外産のオレンジの場合、皮に農薬が使われてることがあるので、お湯でワックスなどを洗い流しておきます。

2:大きめのボールに、強力粉、イースト、塩(イーストの反対側に)、マーガリン、上白糖、卵、牛乳を1/2量入れて、手で優しく混ぜます。
3:軽く粘りが出るまで、牛乳を少量ずつ足しながら混ぜましょう。

牛乳を入れ過ぎると取り返しがつかなくなるので、少量ずつ混ぜるのがポイントなので、全量の牛乳を入れる必要はありません。


4:生地に軽く粘りが出たら、レーズン、ピール、オレンジの皮、シナモン、芯と種を取り小さめに切ったりんご(皮つき)を入れて全体を良く混ぜて、ひとまとまりにします。

5:台の上に多めに強力粉(分量外)を振り、生地を乗せたら、上にも多めに強力粉(分量外)を振りながら、生地を5分以上捏ねましょう。
6:表面が滑らかになればOK。

割と強力粉を振る量が多くなると思いますが、強力粉を振りながら、生地をこねていくと、ネバネバが弱くなり、ちゃんとまとまります。


7:ボールに生地を戻し入れ、ラップをして、30度のオーブンで60分~70分ほど置き、一次発酵させます。

8:生地が倍以上に膨らんだら、軽く手でなぞってみて、網目模様が出来ていればOK。

9:再び台の上に強力粉(分量外)を振り、その上で生地の両端を持って叩きつけるように伸ばし、半分に折ってから、スケッパーで2等分にカットします。

この時点でうまくいっていれば、生地がねばつくこともなく、棒状にもまとめやすくなっているかと思います。


10:2等分したら、生地をそれぞれ棒状に丸め、さらに2等分した後、3つにカットして、計12個分にカットしましょう。

等分にカットされていませんが、そこはご愛嬌ということで…

11:生地を台の上でくるくると丸め、クッキングシートを敷いた天板の上に並べます。

かなり膨らむので、形を良くしたいなら、2回に分けて焼いた方がいいかもしれません。
今回一気に焼こうとしたら、天板からはみ出すほどに膨らんでしまいました…(-_-;)
【オーブンの準備】
オーブンを220度(時間は25分)に予熱を開始しましょう。

12:薄力粉と水を混ぜてドロッとしたら、絞り袋に入れて、生地の上に十字型になるように絞ります。

クロスの模様ができるのが、ホットクロスバンズの特徴でもあります。

【オーブンで焼いて冷ます】
220度のオーブンで25分焼きましょう。
焼けたら、シートごと10分ほど冷まします。
【冷ましてジャムを塗る】
アプリコットジャムをお湯で溶き、弱火で加熱して、液体状になったら、パンの上に刷毛で塗ります。

パンが冷えてからでないと、ジャムが流れ落ちるので、しっかりと冷ましてから塗ると、ツヤが出てきれいに見えます。

ベイクオフ参照!ポールさんのホットクロスバンズベイクオフ参照!ポールさんのホットクロスバンズ13:焼きたてをいただいて、完成です。

と、こんな感じで作ってみました。

パン作りは発酵に時間がかかりますが、生地が無事発酵してくれると、それだけで気分が上がります。

捏ねる時間はあくまで目安なので、最初の一次発酵で成功するためにも、しっかりと力を入れて捏ねてみてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

タイトルとURLをコピーしました