【100均にプラスレシピ】100均のうなぎのふりかけをプラス!ナスの蒲焼丼

100均のうなぎのふりかけをプラス!ナスの蒲焼丼100均にプラスレシピ

うなぎのふりかけの使い道…

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

先日100均に行ったら、うなぎのふりかけを見つけて、うなぎは高いけど、他の材料で蒲焼丼を作ったときに使えるのでは?とゲットしてきました。

今回は、肉なしのナスでの蒲焼丼ですが、ふりかけをかけると…

そこで、今回は100均のダイソーで買ったうなぎふりかけをプラスした、ナスの蒲焼丼のレシピをご紹介します!

ちなみに、今回使ったのは、こちらのうなぎふりかけです。

第18弾!100均のうなぎのふりかけをプラス!ナスの蒲焼丼

それでは、【100均にプラスレシピ】シリーズ第18弾は、うなぎふりかけをプラスして、ナスの蒲焼丼を作っていこうと思います!

以下、画像手順付きレシピなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。^^

材料:4人分

●白飯…丼4杯
●水なす…4~5本
●片栗粉…大4
●万能ねぎ…2~3本
●うなぎのふりかけ…大1ほど
●砂糖…大1/2
●みりん…大6
●醤油…大2~3

作り方


1:なすはヘタを落とし、縦に4~5等分します。

ナスの大きさにもよりますが、4~5等分すると同じくらいの厚みに切れると思います。

2:ビニール袋に、片栗粉と切ったナスを入れ、ゆすって粉をまぶしましょう。袋に入れてゆするとまんべんなく粉がつきますし、周りに粉が飛び散って汚れるのも防げます。

3:フライパンに砂糖、みりん、醤油を入れて火にかけ、一旦沸騰させます。
4:少しとろみがついたら、すぐ火を止めてタレを作りましょう。

タレが焦げると台無しになるので、とろみがついたら、すぐに火を止めてください。

5:別のフライパンに多めに油(分量外)を引きます。
(揚げ焼きするので、高さ1~1.5cmくらいに)
6:ナスを全量揚げ焼きし、衣が固まったら、取り出しましょう。時間が経つと、ナスがややくたっとしますが、しっかり目に火を通すと食べやすくなるので、衣が固くなるまでが目安です。

7:揚げたなすをタレのフライパンに加え、たれを全体に絡めます。

一気に全量を絡めるのは難しいと思うので、上下を返して絡めたら取り出し、次のなすを順番にたれにつけていく感じです。

8:器にご飯を盛りつけ、ナスを並べたら、上から小口切りにしたネギとうなぎのふりかけをかけましょう。ここでうなぎふりかけの登場です。
ある程度多めにふりかけると、なすの蒲焼も風味豊かになる気がします。
100均のうなぎのふりかけをプラス!ナスの蒲焼丼
9:完成です。

ナスは、皮目以外は白くなるので、皮が見える部分と見えない部分を交互に盛りつけるのがポイントです!

と、こんな感じで作ってみました。

うなぎっぽくなるかな?と淡い期待を抱いていましたが、ふりかけをかけても、そこまでうな丼ぽくはならないみたいです。

ただ、ちょっと風味がアップするのは確かなので、色々な蒲焼に使ってみてください。

お弁当のご飯の上にふりかけると、手軽に蒲焼の気分を楽しめるかもしれないですね。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました