【100均にプラスレシピ】チョコの焼きドーナツのチョコがけ

チョコの焼きドーナツのチョコがけ100均にプラスレシピ

バレンタインにもおすすめ!

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

最近よくチョコスイーツを作るのですが、バレンタインの時に甥っ子が喜んでくれたのが今回のレシピです。

バレンタインシーズンが終わると、なかなか100均ダイソーでも見つからなくなった板チョコですが、ブラック以外は割と手に入りやすく、今度ミルクやビターも候補に入れてみようかなと思っています。

焼きドーナツは、揚げない分カロリーも減らせますし、オーブンで焼くだけと割と作りやすいスイーツなんじゃないかな?と思います。

そこで、今回は100均のダイソーで買った板チョコとホワイトチョコをプラスした、チョコの焼きドーナツのチョコがけのレシピをご紹介します!

ちなみに、今回使ったのは、こちらの板チョコとホワイトチョコです。

第16弾!チョコの焼きドーナツのチョコがけ

それでは、【100均にプラスレシピ】シリーズ第16弾は、板チョコとホワイトチョコをプラスして、チョコの焼きドーナツのチョコがけを作っていこうと思います!

以下、画像手順付きレシピなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。^^

材料:6個分

●ブラックチョコ…100g
●卵…1個
●グラニュー糖…40g
●有塩マーガリン…40g
●薄力粉…40g
●ベーキングパウダー…小1/4
●くるみ…20g
●オレンジピール…20g
●牛乳…大1
●ホワイトチョコ…35g

作り方


①チョコは細かく刻み、マーガリンと一緒に耐熱ボールに入れます。
②くるみは手で細かく砕き、オレンジピールも小さめに刻みましょう。

今回は下準備が多いので、すぐに使えるように、チョコやくるみ、オレンジピールなどを刻んでおきましょう!

③卵と砂糖は別のボールに入れ、砂糖のザラザラ感が消えて、軽くもったりするまで、泡だて器で混ぜます。

黄色が少し白っぽくなったらOKです。

【オーブンの準備】
オーブンを170度(時間は18分)に予熱を開始しましょう。

④チョコが入った耐熱ボールを、ラップをせずにレンジで1分ほど加熱し、ゆっくりと混ぜてチョコを溶かします。
⑤チョコが溶けて、一呼吸おいて粗熱が取れてから、卵のボールに加えて混ぜましょう。

チョコが熱いうちに卵に加えると、卵が固まってしまうので、一呼吸置くようにしてください。


⑥牛乳も加え、しっかりと混ぜます。

牛乳は少しずつ加えて、その都度よく混ぜるようにします。

⑦砕いたクルミとオレンジピールも加え、全体に散るように混ぜましょう。

ここでは多少混ぜすぎてもOKなので、全体に均一に散るように混ぜてみてください。


⑧薄力粉とベーキングを合わせてふるい入れ、ゴムベラに持ち替えてさっくりと練らないように混ぜます。

ゴムベラを斜めに切るようにして入れ、その後ボールの底を伝うようにして、ぐるっと回すのが1セットです。

⑨シリコン製のドーナツ型に薄く油(分量外)を刷毛で塗っておきましょう。

油を塗っておかないと、型から外れにくくなり、崩れる原因にもなります。


⑩クリームの絞り袋の先を少し切り、ドーナツ生地を詰めて、型にぐるりと絞りだします。

生地が柔らかいので、絞り袋で入れるのがポイントです。
【オーブンで焼いて冷ます】
170度のオーブンで18分ほど焼きましょう。
粗熱が取れてから、型をひっくり返して、型からドーナツをそっと取り出します。

⑪小鍋にお湯を沸かし、湯せん用のボールに、ホワイトチョコ(100均の角切りチョコ)を入れます。
(切らなくても溶けるタイプを使いました。)

ここで、100均チョコの登場です!

⑫チョコをゆっくりと混ぜて溶かし、溶けたら冷めたドーナツの片面にだけチョコをつけましょう。

100均のホワイトチョコは湯せんにかけるとすぐに溶けるので、ぜひ揃えておくのがおすすめです。

バレンタインに!チョコの焼きドーナツのチョコがけ
⑬冷蔵庫で30分ほど冷やし、チョコが固まればOK。
⑭完成です。

冷蔵庫で冷やすとしっとりどっしりになるので、より美味しくなる気がします。

と、こんな感じで作ってみました!

100均のチョコレートを活用すれば、焼きドーナツのバレンタインバージョンも簡単に作れます。

もちろん、普段のおやつにもぴったりなので、焼きドーナツを作って、ちょっとヘルシーなスイーツも試してみてください。

今回のチョコシリーズは店舗によっては置いてないことが多いので、もし見かけたら、買っておくのをおすすめします。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました