【セブン検証】蒙古タンメン中本の北極ラーメンがリニューアルして登場!北極なのに激辛とはこれいかに…

蒙古タンメン中本 北極ラーメン実体験レビュー

北極なのに辛いとはこれいかに…

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

昨日のこと、気分転換にと往復1時間半かけて、炎天下の中歩いてきました。

片道50分の距離にサンキがあり、そこで新しく下着を買うために歩いたわけですが、途中でのどが渇いてしまい、セブンに寄ってみたら、気になるカップラーメンを発見したわけです。

そこで今日早速食べてみると、確かに激辛でした。

北極と言えば寒い所。
なのに、激辛のカップラーメンなのはなぜ?と思いましたが、今回は実食レビューということでご紹介します!

蒙古タンメン中本 北極ラーメンとは

まずは、いつものように外観写真から。

辛さの極地、激辛旨味増とあり、北極ラーメンの文字が大きく踊ります。

上蓋の所には、極辛オイルなるものが貼ってあり、お召し上がりの直前に入れてくださいのとこと。

また、注意事項として「辛味による刺激が大変強いので、十分に注意して召し上がり下さい。」

これは、ペヤングの再来なるか?!

次に気になる原材料とカロリーも見ていきましょう!

気になる原材料とカロリー

原材料名:油揚げめん、植物油脂、食塩、しょうゆ、たん白加水分解物、チキンエキス、香味調味料、香辛料、スープ(豚脂、粉末みそ、糖類、香辛料、ごま、でん粉、小麦粉、植物油脂、ポーク調味料、食塩、キャベツ調味油、酵母エキス、クリーミングパウダー、香味油)、かやく(大豆たんぱく加工品、フライドガーリック、もやし、赤唐辛子、ねぎ)/加工でん粉…などとありました。

唐辛子とガーリックの辛みとあれば、辛党の私としては気になる所。

次に気になるカロリーですが…

え?1食:552Kcalもあるの?!

軽くカロリーオーバーなんですが…
どうしよう、買ってこなければよかった、私ダイエット中なのに…(よつば風に)

でも毎日食べるものではないしと、ここは心を決めて高カロリーのカップ麺にチャレンジします。

それでは食べてみましょう!

とりあえず、お湯を入れないことには始まらないので、お湯を入れてみます。

極辛オイルは後入れみたいなので、お湯を注ぐこと5分。

開けてみたら、速攻でオイルを入れてみます。

うわ!めっちゃ辛そうなソースが出てきました。
赤いだけでなぜか辛さが想像できてしまうのが人間の不思議なところですね。

混ぜてみると、かやくの量はそこまで多くないのかな?という感じです。

で、食べてみると、うわ!これは辛い!

ペヤングの獄激辛シリーズほどではないにしても、これは激辛の部類ですね。

ただ、少しずつ食べていればそこまで辛さは感じないので、割と食べやすい激辛ラーメンと言えそうです。

少しずつすすったせいか、蒸せることもなく、無事完食しました!

最後まで食べてみた感想としては、可もなく不可もなく。

美味しかったですが、普通の激辛ラーメンと大差はないかなと感じた次第です。

これなら、同じ中本シリーズのトマトタンメンの方が美味しかったかもと個人的には思いました。

ただ、激辛なのは間違いないので、子供さんには食べさせないでくださいね。

ちなみに、セブン専用のラーメンみたいで、楽天には売っていませんでした…。

もし蒙古タンメンがお好きな方は、一度本場と比べてみるのもアリかもしれません。

と言っても、私の地元は田舎なので、本店はありませぬが…(-_-;)

辛いので覚悟して食べること

ということで、蒙古タンメン中本 北極ラーメンの実食レビューでした。

たまたまセブンに行ったら売ってたんですが、蒙古タンメンシリーズは人気があるみたいなので、今回も実食してみた感じです。

激辛ではありますが、食べられない辛さではないので、暑い日にすっきりしたい方にもおすすめです。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました