【ペヤング検証】今さらながらきんぴら風がゲットできた…でも…きんぴらだよね?

ペヤング 焼きそば「きんぴら風」レビュー実体験レビュー

きんぴら風とあったから期待していたのに…

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

ペヤング熱が冷めたというよりは、近くのコンビニで見かけることがなくなり、新商品に出会えなくなって一か月。

でも、先日遠くの業務スーパー?みたいなスーパーに行ったら、え?今頃?とペヤングの「きんぴら風」を発見!

ペヤングはもう買えないと思っていただけに、いまさらとは思いながらも買わずにはいられませんでした。

「食べるか・食べるべき・食べる・食べよう・食べろ!」みたいな中学校の活用が頭に思い浮かび、値段も120円くらいと、これなら文句はないですね。

ということで、今更ではありますが、今回はペヤング 焼きそば「きんぴら風」のレビューをご紹介します!

ペヤング 焼きそば「きんぴら風」とは

まずは、いつものように外観写真から。

ごぼうの旨味の効いたソースとあり、味はきんぴら風。

あるニュースサイトでは、良くも悪くも普通とありましたが、尖がった部分がない分、味は信頼できるのではないか?と逆に期待大です。

食べる前に、原材料とカロリーもみていきましょう!

気になる原材料とカロリー

まず、原材料ですが…

文字でもご紹介しますね。

原材料名:油揚げめん、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料、添付調味料(しょうゆ、糖類、植物油脂、食塩、ごぼうパウダー、かつおぶしエキス、香辛料)、かやく(キャベツ、ごぼう、ニンジン)/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤…などどありました。

かやくには、きんぴら風と言うことで、ごぼうと人参があり、なぜかキャベツも…
ソース焼きそばには、キャベツは必須!ということかもしれません。

続いてカロリーですが…

1食117g当たり:519Kcalとあり、まぁ焼きそばだし…
でも、炭水化物が666ってちょっと不吉なイメージが。

とにもかくにも食べてみないことには始まらないので、実食レビュー行ってみます。

それでは食べてみましょう!

パッケージを開けると、お馴染みのソースに、ゴボウやにんじんのかやくが入ってました。

お湯を注ぐと…

うわっ!むわっとゴボウの香りが!
でも、逆にこれはゴボウに期待が高まります。

グーグルさんにタイマーをお願いして、3分待ちます。

できたら、早速お湯を捨てて、ソースをぶちまけましょう。

ソースは普通の焼きそばのソースと同じ感じですかね。

混ぜていくうちに、なんだかゴボウの香りが減ったようにも感じます。

食べてみると、あれ?ゴボウの味が?

あまり…しない!

焼きそばのソースの味が強すぎるのか、最初あれだけ香っていたゴボウの香りも弱くなった感じです。

きんぴら風とありましたが、ごぼうの香りは多少残っているものの、ニンジンの味はほぼ消えていました。

ちがうでしょ!ペヤングさん!ここで尖がるのがペヤングさんじゃない!

ちょっと文句を言いたくなるくらいで、きんぴらではないなぁと言うのが正直な感想です。

昔みたいに尖った味があるのがペヤングさんの良さだったのに、もしかしたら、この辺に近くのコンビニで置かなくなった理由かなぁとも思ったり。

ただ、味は美味しかったので、ぺろりと完食しました。

久々のペヤングさんには、ちょっと裏切られた感じもありますが、本来はこのくらいが妥当な線なのかもしれません。

ちなみに、楽天で探してみた所…

こちらに売ってました。

辛すぎるとかないので、ケースで買っても困ることはないかもしれません。

何しろ獄激辛シリーズは、1個食べたらもういいやとなる味だったので。

ということで、ペヤング 焼きそば「きんぴら風」の実食レビューでした。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

タイトルとURLをコピーしました