【エレコム検証】パームレスト COMFY(カンフィー)を試してみたら…慣れると快適!

パームレスト体験レビューその他商品

キーボードを使いやすくする魔法のツール?

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

先日早くに弟から、誕プレでキーボードをもらいましたが、どうにも使いづらく、キーの打ち間違いがある度に、むきーっとなる始末。

弟に告げたら「なら、商品代金を返すんだな。」と逆に言われてしまい、こうなったら、少しでも使いやすくするしかない!

そう思い、今日は休憩がてら、ヤマダ電機まで行き、パームレストを買ってきました。

最初はケーズデンキに行く予定でしたが、商品の種類が豊富な方がいいかなとヤマダ電機にGO!

すると、目的の物が見つかりました。^^
長いタイプは若干お値段が高いんですが、テンキー付きのキーボード対応だったのでそちらを購入。

ということで、今回はエレコムのパームレストの使い心地をレビューします。

シンプルがゆえに最初は大変だった…

私は、こちらの商品名をアームレストだと思っていたんですが、商品名にはパームレストとありました。

エレコムの製品で、迷おうにもサイズしか選ぶ選択肢がなく、長さがぴったりの長いサイズを購入です。

1600円くらいしましたが、DIYで作って失敗するくらいなら、やっぱり買った方が結果的には安くなるかな?という感じです。

商品説明には「疲労軽減」とあり、これは期待できそう!

なになに…低反発ポリウレタン採用で…

反発弾性が非常に小さく、優れた衝撃吸収性能を持っています。
圧力に対し復元速度が遅いため、優れた荷重分散性能を有しており、手首の形状にフィットし長時間のPC作業をサポート。

つまり、長時間でも疲れなくなるってことですね。

よし!理解した!

ついでに、もう一つの特徴もご紹介しますと。

ディンプル加工でサラッと快適とあり、どうやらデコボコがいいらしいですね。

新開発の凸凹加工により、心地よい感触と通気性を向上。
より快適な使用感を実現しました。

などとありました。

「テンキー付きの振るキーボードサイズをカバーできる長さです。」とあったので、こちらに決めたわけですが、実際に腕を置いてみると?

ふむ手首を置くと、少し固めではありますが、なかなか悪くない質感です。

ちなみに、裏面は光り輝いており、滑り止めの機能があるみたいですね。

それでは、実際に使ってみましょう。

実際に使ってみた感想

実際にキーボードを打ってみると、使ったことがない道具なせいか、イマイチ良さがわからない。

もしかしたら、キーボードの位置が近すぎる?と思い、できる限りコタツの上でモニタを遠ざけ、腕がパームリストの上に乗るようにしてみました。

すると、1時間ほどでベストな位置がわかり、かなり快適になりました。

そっか!置く場所が悪かったから、最初腕と指がきつかったんだ…となりまして。

今は、軽やかにキーボードを叩けるようになり、最初の頃のようにキーの打ち間違いも減り…

これは、かなり快適ですね!

確かに、ちょうど腕の所が長時間のタイピングでも楽になりそうですし、タイピングにかかる時間も以前と同じくらい、せっかくのメカニカルキーボードが無駄にならずにすみました。

疲労軽減とはならないかもしれないですが、かな~~~り!打ちやすくなりました。^^

これで昨夜のように、キーボードの打ち間違いでイライラすることもなくなり、本当に嘘のように快適です。

弟は「100均の材料で作れば安上がりなのに…買うなんて馬鹿な奴め。」なんて言ってましたが、私は料理は得意な方ですが、DIYは大の苦手ですし。

実際に使ってみたら、かなり使い勝手が良いので本当に気に入ってます。

最初は手の置き場所に悩みましたが、今は腕が平らになるように置いてあるので、めっちゃ快適です!

ちなみに、こちらのパームリストを使う際には、キーボードは立てずに、横に平らに置いた方がいいです。

最初斜めにしていたら、キーが打てずに困りましたので(-_-;)

もしネットで買うなら、こちらがおすすめです。

夏場はカバーが必須かも?!

それでは、エレコムのパームレスト「COMFY」の体験レビューでした。

もしメカニカルキーボードのように、キーの高さがある場合は、パームレストを置いておくと、非常に打つのが楽になります。

メンブレンのキーボードが好きだった私ですが、メカニカルキーボードも赤軸ならOKとなりました。

ただ、夏場はカバーをしておかないと汗で汚れちゃいそうなので、近いうちにカバーも何とかするつもりです。

今も打ちながら、非常に楽な感じを楽しんでいます。

もしキーボードで文字を打つのを仕事にされている方は、ぜひパームレストで快適なタイピング作業を感じてみてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました