タロイモケーキ「紫晶酥」を食べてみた!甘さ控えめ…でも美味しい!

実体験レビュー

紫晶酥をお土産でもらい食べてみました!

 

おはようございます。トレトレです。

紫晶酥というお菓子をお土産でいただいたので、食べてみました。
外国のスイーツはどんな味か予想できないのが、逆に楽しいですね。
タロイモケーキなんて、日本ではなかなか食べられないですから
お土産が嬉しかったです!

巷では有名なお菓子らしいので、今回実際に食べてみた感想などご紹介します。

紫晶酥はどんなお菓子?


アマゾンでチェックしてみる?

では、紫晶酥はどんなお菓子かですが…

いつものように、全体写真からご紹介します。

箱はこんな感じで、パッケージが薄い紫色で何となく異国情緒溢れるパッケージで期待大!

中は小分けにされていて、大福のような餅のような外見をしています。

実際に手で持ってみると…

一つ一つは意外と小さめでした。
見た目からは味が想像できないので、食べてみると…
まず表面がちょっと乾いた衣という感じ。

よく言えばパイ生地のイメージ。
悪く言えばちょっと乾いた感じ。

本当は割って写真を撮りたかったんですが、全体が柔らかく
また中身が餅状になっていたので、綺麗な写真が撮れず…
残念!

なので、文字だけで説明しますと、中にはタロイモでしょうか?
求肥に近い餅状の物が入ってました。
餡子よりもお餅に近い感じですね。

そして甘さが控えめで、和菓子と似た感じもあるかなと。
外側の皮がパイ生地のようだったのも、中の餅生地?みたいなのと
合わせる感じだったのかな?と思います。

台湾でのお菓子みたいですが、日本の和菓子とも洋菓子とも違う感じでした。
一部ではパイナップルケーキよりも美味しい!と言われているみたいで
パイナップルケーキも食べたことがありますが、確かにこちらは美味しかったです。

大福ケーキと言われると納得のお菓子でした。^^

原材料は写真にも撮ってみましたが、漢字で書かれていたせいか、わかるまで時間がかかり…。(-_-;)

文字でちょっとご紹介しますと
原材料には…芋頭、白鳳豆沙、麦芽糖、蔗糖などが入ってました。

麦芽糖や蔗糖はわかりますが、芋頭とか意味不明でした。
芋饅頭というくくりなんですね。
でもとても美味しかったですし、初めて食べる味にちょっとわくわくしました。

台湾土産として人気があるみたいですので、食べたことが無い方は
ぜひお試し下さい!

それでは記事が参考になりましたら幸いです。^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました