【コストコ検証】コストコデビュー!でも…チョコレートチップマフィンの量と味にノックダウン!

コストコのチョコレートチップマフィンデビュー実体験レビュー

いくらなんでも大きすぎ!

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

今日、イオンの火曜市に行った帰りに、地元のスーパーにも寄ってみたんですが、そこは地元で唯一コストコの商品を扱っているお店。

以前から気になっていたマフィンが、6個入りで約600円とあり「どうする?試してみる?」ということになり、何味か迷いましたが、チョコレートチップマフィンをゲットして、コストコデビューです。

実際に食べてみると、いくらなんでも大きすぎ!と言えるボリュームでした。

ということで、今回はチョコレートチップマフィンでコストコデビューをご紹介します!

コストコのチョコレートチップマフィンとは

まず、いつものように外観写真から。

6個入りですが、見た目からしても大きく、持ってみるとずっしりと重たく…

これは食べる前からヘビー。という感じ。

でも、せっかくコストコの商品デビューなので、無難な味と言うことで、チョコ味のマフィンをチョイスしてみました。

パッケージにはカロリーが載っていませんでしたが、こちら記載されているページが見つかりましたので、気になる原材料とカロリーもご紹介します!

気になる原材料とカロリー

まず、原材料ですが、文字でもご紹介しますね。

原材料名:ケーキミックス(オーストラリア製造)(砂糖、小麦粉、植物油、粉末ぶどう糖、脱脂粉乳、食塩)、卵、植物油、チョコレート、ココアパウダー/増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、膨張剤、乳化剤、香料…などとありました。

なるほど、ケーキミックスを見る限りでは、食塩が入ってるっぽいですね。

チョコレートが入っているのには納得ですが、砂糖の量がかなり多そうなイメージです。

気になるカロリーは、1個(164g)あたり、690Kcalとありました。

ああ、これはデブまっしぐらだ…(-_-;)

これを毎日食べてたら、そりゃ太りますよね。

マフィンもアメリカナイズということかもしれませんが、下手なカップラーメンよりもカロリーが高いので、まさにスイーツと言えそうです。

では、実際に食べてみて、人気の秘密を探ってみます。

それでは食べてみましょう!

比較対象がないのであれですが、白い小皿にドーンと圧倒的な存在感。

見た感じふっくらとしていますが、中身はどうなのかな?と割ってみました。

中身もふわふわで、これは美味しそう!

手に取ってみると、半分でもずっしりと重たさを感じますね。

食べてみると、チョコチップが程よく散っていて、ふかふかな生地のアクセントになっている感じ。

でも、食べ進めていくうちに「これ、飲み物ないとダメな奴だ!」と思い、ブラックコーヒーをお供に。

味は決して甘すぎるとかじゃないんですが、塩分が少し多めで、甘じょっぱい感じと言うか。

1/4個を食べた時点でお腹いっぱいになり、あえなくノックダウン!😢

これ、1個食べるのもきっついのに、6個入りとか普通の家庭で消費出来るのだろうか?

食べていくほどに味がくどく感じられて、ちょっと一人で1個は無理でしたね。

甘い方が好きと言う方にはおすすめできますが、日本人向けとは言えないかもしれません。

ボリュームと価格だけ見ればお得ですが、この味は、何度も食べるのには向いていないかなと言うのが正直な所です。

やっぱり、アールグレイ味にすべきだったかなぁと後悔するも後の祭り。

味は決して悪くなかったんですが、我が家には不向きな味でした。

ちなみに、近くにコストコの商品を置いている場所がないよ―という方は、楽天でも買えるみたいなので、ぜひチャレンジしてみてください。

個人的には、これに甘くない飲み物必須だと思います。

コストコデビューをしてみたけれど…

それでは、コストコのチョコレートチップマフィンについて、実食レビューをご紹介してみました。

シンプルなチョコマフィンでしたが、甘さが強いと言うよりは、甘さがくどいと思える味なので、飲み物は必須だと思います。

後味が残る感じなので、個人的には好みではありませんでしたが、スイーツの重量感などを求める方は、コスパ的にもお得です。

もし、買うなら、賞味期限にも注意して食べきれる量を買ってみてくださいね。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました