こたつで寝ると風邪を引く!は嘘?本当?原因や対策方法を徹底解説!

まとめ情報

こたつで寝ると風邪を引くって本当?

 

こんにちは。トレトレです。
よくこたつで寝ると風邪を引くから良くないって聞きますよね?
でも、なぜこたつで寝ると風邪を引くんだと思いますか?

今回は、こたつで寝ると風邪を引く原因や対策方法をご紹介します!
こたつで寝ると気持ちいいですが、風邪を引かないように気をつけましょう。

こたつで寝ると風邪を引く原因は?

では、こたつで寝ると風邪を引く原因ですが、人間の体温調節機能にあるようです。

私たちの体は、体温を一定に保つために「体温調節機能」が働いているんです。
人間の体温って平常なら、37度前後で落ち着きますよね?
これは体温調節機能のお陰。

体温が下がるときには?

体温が下がるには、血管を収縮させることによって、血流を減少させています。
これによって体外に熱が逃げるのを防いでいるわけですね。
そして、体を震わせることで、体に熱を発生させているわけです。

体温が上がる時には?

血管の弛緩によって、血流を上昇させ、体内の熱を外に逃がすようにしています。
また発汗させることで、熱を体外に出しています。
体が震えないようにすることで、より体温を下げるようにしているんですね。

こたつで寝ると体温はどうなる?

こたつに入ると、上半身は寒いのに、下半身は温かくなりますよね?
上半身と下半身で体温の矛盾が出るわけです。
そうなると、前述した体温調節機能がうまく働かなくなります。

体温調節機能がうまくいかないと、体調も悪くなり、結果風邪を引くなどしてしまうわけですね。
また、こたつに長時間あたっていると、脱水症状の危険性もあります。

普通であれば、人間は寝ている間に汗をかいて、体温を下げようとします。
ところがこたつで寝てしまうと、いくら汗をかいても体温が下がりません。
結果、体温が下がらないのに汗をかくことで、脱水症状がおきます。

脱水症状が起こると、喉の渇きや脱水による疲労などが起こり風邪などを引きやすくなるんですね。

中には、こたつに入る時に首までかぶっているから大丈夫!という人もいらっしゃるかもしれません。
でも、過剰に汗をかくこと自体が風邪になりやすくなるので、やはりこたつで寝ると風邪を引きやすいというのには一種のメカニズムがあるんですね。



こたつで寝ても風邪を引かないために!対策方法は?

こたつの中は心地よいですから、いつの間にか眠ってしまうということもありますよね?
でも、こたつで寝て風邪を引かないためには、そもそもこたつの中で寝ないのが一番の対策方法です。

対策方法はいくつかありますが、以下の方法を試してみてください。

対策①タイマーをセットする

こたつにタイマー機能があったら、数時間後にはスイッチが切れるようにしてみてください。
タイマーをセットしておけば、そのまま眠ってしまったとしても、こたつの温度は下がるので、寝ている間に大量の汗をかくことはありません。

ただ、その場合も上半身は寒いままなので、寝る時にはこたつでは寝ないで、ちゃんと毛布なり布団なりをかけて寝れば、風邪を引く心配はありません。

対策②上半身に毛布をかけてこたつで寝る

こたつで寝ると風邪を引く原因の多くは、上半身と下半身の温度差です。
なので、上半身に毛布をかけて寝れば、こたつで寝てもOKです。

ただ、この場合も大量の汗をかいてしまう危険性があるため、こたつで寝ないようにするのが一番の対策方法になります。

楽天でおすすめのこたつは?

私もこたつを愛用してますが、PC作業に大変便利なこたつがあるので、ご紹介します。


ユアサプライムス おひとり様用コタツ なごみ

こちらのこたつでは、そもそもが寝ることができないですし、下半身が温かくなるのでおすすめです。
脱水症状の危険性もありませんし、上にモニタを置けば、仕事にも支障がないので気に入ってます。
それに加えて、先日購入した着る毛布のお陰で、体温調節もばっちりです。

椅子の高さがもしかしたら、男性には低すぎるかもしれませんが、160cmくらいの身長なだ全然問題がありません。

気になる方は、ぜひホームセンターなどで実際に座ってみて買ってみてくださいね。

>ユアサの一人用こたつセットが優秀過ぎる!座り心地は?実体験レビュー もぜひ読んでみてください。

ユアサの一人用こたつセットが優秀過ぎる!座り心地は?実体験レビュー
ユアサの一人用こたつは腰痛も治せる? こんにちは。トレトレです。 最近また腰痛に悩まされるようになりまして。 どうやらコタツに使っている座椅子が腰痛の原因になってるらしく… 座椅子の高さが合わないことで、コタツに足を...

こたつで寝る危険性を知ろう!

こたつで寝ることは色々なリスクがあります。

以下にいくつかご紹介します。

  1. 自律神経が乱れる:こたつで寝ることで自律神経(体温調節機能など)が乱れることで、うつ病や不眠の原因になることがあります。
  2. 疲労がたまる:体温調節がうまく働かなくなり、普段より体力を消耗することになります。せっかく昼寝で体力を上げようと思っても、こたつで寝るのは逆に疲れてしまうので気をつけましょう。
  3. 腰痛の原因になる:こたつの中は狭いので、ベッドや布団の時と違い寝返りも上手にうてません。不自然な格好で寝ることになるので、体のあちこちが固まり、肩こりや腰痛の原因になることもあります。
  4. 脱水症状の危険性:こたつの中はかなり熱いので、真夏のような温かさになります。寝ていると汗をかき、喉が渇いていることに気づかず、結果脱水症状の危険性もあります。

風邪を引きたくないならこたつでは寝ない!

こたつで寝ると風邪を引きやすくなる原因などまとめてみました。
こたつの中がいくら心地よくても、寝るならちゃんと布団を使うか、ベッドで毛布をかけて寝ましょう。

こたつで寝たら風邪を引くよ!そう注意されても、理由がわからないと、つい反抗したくなることも。
でもこたつで寝ることは、体にとっても良いことではありません。

なので、こたつでは寝ないようにするのが一番の対策です。
特に昼寝などは要注意なので、子供さんがいる時には気をつけてあげてください。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

タイトルとURLをコピーしました