クリスマスプレゼントを置く場所はどこが良い?サンタの夢を壊さない置き場所を解説!

クリスマスプレゼント 置く 場所イベント
クリスマスプレゼント 置く 場所

サンタを信じている子供にプレゼント!

 

こんにちは。トレトレです。
クリスマスが近くなり、子供も大人もウキウキするシーズンがやってきました。
クリスマスと言えば、プレゼント選びに悩む方も多いと思いますが、特に子供は大変ですよね。

幼児になると、サンタを信じる年ごろになるので、どうやってサンタの夢を壊さないように、プレゼントを渡せるかに悩むこともありますよね。
今回は、サンタを信じている子供の夢を壊さない、ぴったりの置き場所について解説します!

クリスマスプレゼントの置く場所のベストは?


楽天でチェックしてみる?

サンタを信じるようになると、子供はクリスマスプレゼントが一大イベントになることもあります。
幼稚園や保育園などに通うと、サンタさんの話題が出るので、それで子供がサンタの存在を知ってしまうんですよね。

でも、そうなるとクリスマスプレゼントは、サンタさんからだよと言えるように置き場所に苦労することになります。
両親からのプレゼント、もしくは祖父母からのプレゼントだとわからないように、サンタからのプレゼントと思ってもらうには、置く場所選びが大切です。
では、どこに置くのがベストなのでしょうか?

クリスマスプレゼントの置く場所は枕元?ツリー?


楽天でチェックしてみる?

西洋ではツリーの下に置くことが多いそうですが、日本人なら枕元に置く方が多いです。
ベッドの場合でも、布団の場合でも、枕元なら一番手軽じゃないでしょうか。

その上で、例えば、サンタからの英語で書かれた手紙を置いてみたり、サンタが出入りした痕跡を残すために、窓を開けてみたりなどすると、夢を壊さないで済みますね。
でも、ツリーを飾っているなら、その下に置くとかも子供は喜びます。

クリスマスイブの夜に、そっとプレゼントを置いて、翌朝子供がツリーの下でプレゼントを見つけて喜ぶなんてこともあります。
また、ツリーの下に置く一番のメリットって、ばれにくいというのがありますね。

枕元だと、どうしても子供がしっかりと寝てからになりますし、布団の場合、誤って足や手を踏みつけて子供を起こしてしまうなんてことも…
そうなると、あれ?サンタさんじゃない?なんて夢が壊れてしまいますよね。(-_-;)

また、同じ枕元に置く場合でも、プレゼント自体は別の部屋に置いておいて、枕元に部屋に繋がるロープを置いておくなんて方法もあります。
子供はそのロープをつたって、プレゼントを探すという方法ですね。

クリスマスプレゼントの置く場所【番外編】

クリスマスプレゼントの置く場所として、意外にも玄関という方法があります。
例えば、玄関にクリスマスプレゼントが置かれていて、ドアを開けたら、サンタの足跡が残っている…!なんて素敵ですよね。

ただ、外にプレゼントを置く場合は、雨などの天候には注意が必要です。
また、長時間プレゼントを置くのはちょっと危険なので、もし置く時にはお父さんとかに見張ってもらいましょう。
基本的に外にプレゼントを置く時には、短時間がベストです。

他にも、クリスマスプレゼントを天井から吊るすなんて方法もあります。
子供が寝ぼけまなこで、起きてみると、上からプレゼントがぶら下がっていたなんていうのも素敵ですね。
部屋がうす暗ければ、より神秘性も増しますね。

クリスマスプレゼントの渡し方いろいろ

クリスマスプレゼントは、置く場所だけでなく、簡単にプレゼントを手に出来ないようにするのも効果的です。
例えば、ゲーム感覚で渡すという方法もあります。

我が家では、まず枕元に「●●から南に一歩、東に散歩の場所」と書いた手紙を置き、更に探した先で新たに指令を書いた手紙を置きます。
5つくらいのミッションをこなすと、プレゼントが見つかるなどの方法です。
これは、かなり効果的で、プレゼントが更に喜ばれました。

また、他にもクロスワードを解いて、プレゼントを置く場所を指定するという方法もあります。
子供は基本的にゲームが大好きなので、ミッションみたいにすると良いかもしれません。

クリスマスのプレゼントは置く場所が大事!

クリスマスプレゼントは、大人になっても貴重な思い出になりますよね。
大人になってから、あれは両親からのプレゼントだったんだなぁと振り返ってみるのも素敵です。
子供はサンタがいると信じてくれる年ごろが、一番プレゼント選びも楽しくなる時期です。

サンタからのプレゼントだと信じてもらうためには、くれぐれも置く時に見つからないことが大切です。
プレゼントを見つけた時の子供の喜ぶ姿は、本当に可愛いものです。
今年のクリスマスプレゼントの置く場所に困っている方の参考になりましたら嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました