【100均検証】Nestleのダルゴナ抹茶なるものを飲んでみる…単なる○○の味?

ドリンク系

ダルゴナコーヒーの抹茶バージョン

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

先日隣町のホームセンターから歩いて帰ってくることになり、帰りだけでも軽く1万歩コース。

そこで、普段はなかなかいけない100均のキャン★ドゥにも寄っていこうと思い立ちました。

ちょうど帰り道だったこともあり、ちょっと探していたら、ダルゴナ抹茶なる商品を発見!

ダルゴナコーヒーは、一時期ブームになったけれど、それの抹茶バージョン?!

これは買わねばと思い、早速今日飲んでみた所…

トレトレ
トレトレ

ということで、今回は「ダルゴナ抹茶 大人のご褒美」についてのレビューをご紹介します!

ダルゴナ抹茶ってこんなドリンク

まずは、いつものように外観写真から。

パッケージの写真はとても素敵ですね。
大人のご褒美とありますが、見た目のように作れるとしたら、100円で5袋入りは安い!

ダルゴナコーヒーならぬ、ダルゴナ抹茶はどんな味がするのか…!

気になる原材料とカロリー

まずは、原材料から見ていきます。

原材料名:脱脂粉乳(国内製造又はニュージーランド製造(5%未満))、デキストリン、砂糖、乳糖、抹茶(宇治茶)、食塩、植物油脂/カゼインNa、炭酸カルシウム、甘味料…などとありました。

なるほど、デキストリンがきっと主成分の1つですね。

次に気になるカロリーですが…

1本5gあたり:19Kcal。

ただ、これに110mlの牛乳がプラスされると、88Kcal

100mlの牛乳で88Kcalとあれば、もしペットボトル換算すると、500mlで440Kcalです。

これはなかなかに高カロリーの模様。

それでは飲んでみましょう!

作り方が書いてあったので、それに沿って作ってみます。

100mlしか牛乳を使わないんですね。

できるだけ小さいコップでと書いてあるので、我が家の一番小さいグラスを出してきます。

まずは、上に乗せる抹茶成分を作りましょう。

グラスにダルゴナ抹茶を入れて。

少量(10ml)の牛乳で溶いてみます。

おお!割と早く溶けました。

別のグラスに手順通りに、100mlの牛乳を注ぎます。
ちなみに、今回は低脂肪牛乳を使ってみました。

出来上がりがこちらです。

ちーん…

どう見てもパッケージと違い過ぎる?!

コップかコップが悪いのか!まだ大きすぎた?

そこで、今度は2袋分のダルゴナ抹茶を使い、さらに、キャン★ドゥではなく、ダイソーで買っておいた抹茶を散らしてみます。

パッケージに大分近づきましたが…

今度は牛乳が多すぎた感あり。

でもまぁ、パッケージはあくまでイメージですし。

でも、なんだかちょっと悔しい感が半端ない!

飲んでみると、うん!普通の抹茶ラテだね!

どうやら、ダルゴナ抹茶というにはほど遠い味になりました。

作り方間違ってないはずなのに、なぜにこうなった?!

美味しいのは美味しいですが、かなり甘めの抹茶ラテで、ファミマの抹茶ラテを彷彿させる味です。

甘い飲み物が苦手な私には、ちょっと毎日飲めない感じ。

トレトレ
トレトレ

ただ、普通に抹茶ラテとして飲むのはアリかなと思います。

楽天でも探してみたら、ありました!

ネスレ 大人のご褒美 ダルゴナ抹茶 5P×6個
Re Style Market
¥ 2,650(2022/10/14 13:55時点)

ただ、在庫処分となっている店もあるみたいで、送料無料でも、絶対に100均で買った方がお安いです。

キャン★ドゥしかチェックしてませんが、もしかしたら、他の100均でも売られているかもしれません。

ダルゴナ抹茶は残念な結果に…

ということで、今回は100均のキャン★ドゥで手に入れた「抹茶ダルゴナ」のレビューをご紹介してみました。

色々な意味で残念な結果に終わりましたが、Nestléさんのコーヒーとしてはやっぱり物足りなかったなぁ。

抹茶は好きだけれど、今度は無糖のダルゴナ抹茶とか出してくれたら、次回も買うかもしれません。

甘味が強く抹茶成分が弱いので、普段甘い飲み物が好きな方におすすめです。

トレトレ
トレトレ

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

タイトルとURLをコピーしました