【ペヤング検証】マヨ酸辣やきそばを食べてみたら…甘酸っぱさが際立つ美味しさだった!

マヨ酸辣やきそば実体験レビュー

マヨ酸辣やきそばは美味しかったけれど…

 

こんにちは。トレトレです。
楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。

前回、ペヤングの新味「マヨ酸辣やきそば」を探し歩き、2時間で16000歩と書きましたが、結局コンビニでは見つからず、アマゾンをポチリました。

どうしても食べたかったので買いましたが、ネットだと店舗より割高なんですよね…💦
でも、ようやく届いたので、早速食べてみたところ…

ペヤング史上最高の味とは言えませんでしたが、甘酸っぱさが癖になる味でした。
ということで、今回は、ペヤングのマヨ酸辣やきそばの実食レビューをご紹介します!

マヨ酸辣やきそばってこんな焼きそば

それでは、まずはいつもの通り、外観写真から。

ペヤングさんのパッケージデザインは、とんがった感じが出ていて素敵ですね~。
読み方がわからないのですが、マヨスーラ―であっているかな?

これが欲しくてコンビニを渡り歩いたのですから、期待通りの味であって欲しい!
ということで、まずは、原材料名やカロリーを見ていきましょう。

気になる原材料とカロリー

まずは、原材料名ですが、もちろんマヨネーズは入ってると思いますが、酸辣の部分が気になるところです。

原材料:油揚げめん、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料、添付調味料(マヨネーズ、糖類、トマトケチャップ、香味油、食塩、醸造酢、リンゴ果汁、ポークエキス、ラー油、たん白加水分解物、香辛料、かやく(豚・鶏味付きひき肉、卵、ニラ)、調味料…などとありました。

辛み成分がラー油で、酸っぱい成分が醸造酢にあるとみました!

次に気になるカロリーですが…

1食当たり606Kcal!

ペヤングさん、またカロリーが上がってますよー!( ;∀;)
もっと低カロリーにしてくれないかなぁと思いますが、マヨネーズが入ってるわけですから、仕方ないですね。

ふと気になった文言ですが、フィルムを破るときに、蓋の縁で手を切る方もいらっしゃるみたいで…
そちらの経験はありませんが、書いてある以上誰かが失敗したんでしょうねぇ。

また、黒い粒は焦げらしいので、心配いりません。とあり、いやいや大問題でしょ?と思ったのは内緒です…

それでは、いよいよ食べていきましょう!

それでは、食べてみましょう!

まずは、かやくなどを取り出します。

かやくは、ニラがたっぷりで、マヨネーズの袋も大き目。
たっぷりのマヨネーズが入るのも、この焼きそばの魅力でしょう!

お湯を入れてみます。

ニラが浮いてきましたが、蓋を閉じて、3分待ちます。

いつものように、グーグルさんにタイマーをお願いしましょう。

この3分間がいつももどかしいわけですよ。
漫画を読んでも続きが気になっちゃいますしね…

で、お湯を捨てて、ソースを入れていきます。

うーん、マヨネーズの量が多い…!
これは、見るからに濃厚そう。

そうか…カロリーが高い大半の責任は、マヨネーズ君。君だね。

で、混ぜて食べてみると…

非常にまろやかな味ですね。
マヨネーズが酸味を和らげて、いくらでもいける感じです。

ただ…ちょっと甘すぎ!
甘酸っぱいのは良いんですが、ちょっと甘みが私には強すぎるかなぁ。

もっと、酸味と甘みを抑えてくれたら、もっと食べやすい気がしました…💦

でも、これって子どもにはぴったりの味ですね。
辛味とかすっぱみがあまりない分、子どもでも安心して食べられると思います。

そして、数分で完食。

やや甘すぎる部分はあったものの、全体的には大変美味しい焼きそばでした。

激辛も好きですが、こういうのを出してくれれば、複数個買っても後悔はしないかな?と思います。

もし甘酸っぱい焼きそばが食べたい方は、ぜひ購入されてみてください。

ちなみに、私はアマゾンで買いました。

>>>まるか食品 ペヤング 3種(辛口チゲ風 シーフード マヨ酸辣)

ちょうどほかの3種類は食べたことがなかったので…
アマゾンプライムの会員であったことを、これほど嬉しく思ったことはないですね。

楽天とかでも売られてますが、同じ種類の焼きそばを12個とか食べたくないので、今回はアマゾンさんで買いましたよー。

マヨ酸辣やきそばは一度試してみる価値あり!

それでは、ペヤングの「マヨ酸辣やきそば」についての実食レビューをご紹介してみました。

コンビニを渡り歩くも売られていなかった焼きそば…
地元は田舎なので、多分品揃えが悪いんでしょうね。

アマゾンで買えて本当に良かったです。

甘酸っぱさが癖になる味なので、ぜひ一度試してみてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました