ボーナスの使い道はやっぱり貯金?おすすめの使い方をご紹介!

ボーナス,使い道,独身,上手,冬まとめ情報

冬のボーナスの使い道はどうする?

 

冬のボーナスの使い道って、どういう風にされてますか?
多いのは貯蓄らしいですが、使うとしたら家族の時間に使いたいものですよね?

それこそ温泉旅行とかに使うと、家族の絆もより深くなる気がします。

では、皆さん、どういう使い方をする方が多いんでしょう?
今回は、冬のボーナスの使い道などご紹介します!

上手なボーナスの使い道


詳細はこちらをクリック!

ボーナスの使い道は貯金が多いですが、では、ボーナスの上手な使い道ってなんでしょうか?

実は、こんな方法があります。

ボーナスの1割は自分へ使う

せっかく働いて手に入れたボーナスですから、全部貯金に回すのはもったいない気がしますよね?

かと言ってボーナスを全部使い切ってしまったら、後の生活に響いてきます。

ですから、1割は自分へのご褒美に使ってみましょう。
使い方は給料によっても違いますが、自分へのご褒美は、1割までと決めておきましょう。
計画的にボーナスを使うことが出来ます。

仕事の張り合いが出なくなると、ミスも頻発してしまうことがあります。
ボーナスを自分へのご褒美にすることで、仕事のやる気も出るようになりますね。

ボーナスの5割は目的のある貯金にしよう!

不景気な世の中ですから、貯金はとても大切です。
何かあった時にお金があれば、助かることも多いでしょう。

ですから、ボーナスが出たら、半分は貯金をするのがおすすめです。

とは言え、ただ貯金をするのではなく…
目的を持たせることも大切で、例えば、ローンに使うための貯金にすると良いです。

もし子供さんがいるなら、教育費に充てるための目的を持った貯金はとても大切です。

ボーナスの3割は目的のない貯金にしよう!

では、残りのボーナスのうち4割はどう使えば良いんでしょうか?

具体的に言いますと、残りのうち3割は、目的のない貯金にしておくべきです。

目的のない貯金というのは、例えば葬儀費用、結婚式にお呼ばれした時の費用など…
予想のつかない出費に備えた貯金になります。

これが結構家計を圧迫することもあり、特に葬儀は避けて通れないこともあり、またかなり高額なこともあります。

ですから、ボーナスの3割は目的のない=予想のつかない出来事に備えての貯金がおすすめです。

残りのボーナス1割は投資に回してみる?

バブル時期ならいざ知らず、今の超不景気では、銀行にお金を貯金しても、利子がもらえる可能性は低いです。

そのため、もし知識があるのでしたら、投資などにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

投資初心者には、投資信託で積立投資を行うのがおすすめです。

とは言え、投資は失敗することもあります。
そのため、投資をする時には十分に注意が必要になります。

「つみたてNISA」などもありますので、投資に興味をお持ちでしたら、そちらを利用するのも一つの方法です。

もし投資に興味がないなら、残り1割もまた貯金するのも良いですね。

ボーナスを使う時には「計画的に」が重要です。

独身男女のボーナスの使い道はなに?

独身の男性や女性は、やはり冬のボーナスは貯蓄に回す方が多いです。
その次に、旅行費用です。
商品をドンとボーナスで買う方は意外に少ないです。

例えば、独身男女のボーナスの使い道はこんな感じになっています。

引用元:MUFG様

このグラフからみてもわかりますが、冬のボーナスの使い道は、貯金が一番多いです。

お金は使わないと経済がまわらないと言っても、いつまたまとまったお金が入るかわかりません。
いきなり仕事をクビになる可能性もあるわけで…

そうなると緊急時のために、お金を貯蓄しておきたいという気持ちもわかります。

この使い道は、男女でも似ています。

独身男性のボーナスの使い道は

独身男性のボーナスの使い道はと言いますと…

1位:貯金
2位:旅行
3位:商品を購入
となっています。

独身女性のボーナスの使い道

では、独身女性のボーナスの使い道ですが…

1位:貯金
2位:旅行
3位:商品を購入
と男性と同じことがわかります。

不景気が続く限りは、こんな感じになる気がします。
景気が良くなるのはいつなのか…
それの見通しが立たないからこそ、皆がボーナスを貯金するようになるのかもしれませんね。

ボーナスは計画的に使おう!

ボーナスはもらえる会社もあれば、もらえない会社もあります。
独身の男性も女性も、ボーナスは散財せずに、意外と貯金が多い事からも、将来の不安が見え隠れします。

ボーナスは、突然手に入らなくなることもあります。
だからこそ、計画的に使う必要があるんですね。

ボーナスの上手な使い道をご紹介しましたが、記事が参考になりましたら幸いです。^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました